Blog 
 *当ブログのほとんどの写真はクリックすると拡大表示されます〜。

今月のオークション作品

2018年最初のブログ更新です。正月ボケですっかりサボっておりましたが….(汗)
今年も創作活動に励みますっ。

正月を北海道の実家でゆっくり過ごして沖縄に戻ったら、すぐにグラスタウンの町長さんが沖縄まで来てくださいました(一応、今回は仕事のお話という事で…)。山で遊びながらCo展サイトで現在進行中の新企画「からっぽ玉 〜瞑想の楽しみ方〜」についてあれこれ話したんですが、まー今回はお題が難しいっ。企画自体はかなり面白そうだったので気軽に「やります」って言っちゃったんですけど…まだあれこれ模索中です。でも、あんまり考えちゃダメっていうことなので気楽にやらないとですね(気合の入った作品は作りませーん!笑)。この企画の内容はうまく説明できないのでCo展の方を見ていただければと思います。
 

仕事始めに制作した作品2点を今月のグラス2Hオークションに出品しました。

左:「魚石」(非トンボ玉タイプ)
右:「バイカモの陰で」(トンボ玉)

特にスペシャル版とかではなく、どちらもおなじみの作品。

「魚石」の方はトンボ玉じゃなくて穴の空いていないガラス造形作品。この非トンボ玉タイプはあまり作ってませんでしたが、より石らしい形状が再現できて内部の自由度も高そうなので今年は色々作って発展させてみようと思っています。

かなり扁平な石。魚種はちょっぴり南方系妖怪顔の sp. E です。

——————————————————————
ガラス造形作品・「魚石」シリーズ
製作時期:2018年1月
材質:鉛ガラスに一部ソーダガラスを使用(佐竹ガラス)
サイズ:33mm x 32mm x 17mm程度
——————————————————————

 
 

今回の「バイカモの陰で」はナマズの目がこれまでのものよりハッキリ見えるように作ってみたもの。

両面にナマズさんが1匹ずつ泳いでますが、片方のナマズは左目の上に小さな気泡が着いて少し歪んじゃってますね(一番拡大している写真)。上のバイカモに隠れてあまり見えない部分ですが、気になる方はご注意くださいませ。

——————————————————————
生物記録系トンボ玉作品・自然環境シリーズ
製作時期:2018年1月
材質:鉛ガラスに一部ソーダガラスを使用(佐竹ガラス)
サイズ:28mm x 28.5mm, 穴の直径:3mm
——————————————————————

今月のグラス2Hオークションの入札日は22日(月)、明日ですっ。
私の作品の入札終了時刻は

・「魚石」….. 21:00 (自動延長あり)
・「バイカモの陰で」…. 21:30 (自動延長あり)

です。
それでは今年最初の作品販売、どうぞよろしくお願いいたします。